4月10日(日)、農業体験☆彡里山遊び&とワラビ採りレポート

4月10日(日)、里山遊び&とワラビ採り開催🤗

この日はいつもの「れんげ農場」ではなく、近くの里山へ移動(^^♪

 

まるで初夏の日差しが差し込む中、10時少し過ぎて4月の農業くらぶが始まりました🤗  

「里山遊び、ワラビ採(と)り」にチャレンジです(^_-)-☆

この日は未就学のお友達がたくさんいたので、れんげ農場前からスタッフさんが小さな子たちとママを車に乗せ、里山に連れて行ってくれました☆彡

れんげ農場から直進し、画像の「羽曳野大橋東詰」の交差点を右折⇒

詳しい里山の場所は、農業体験に参加された際のお楽しみ(#^.^#)

そのくらい、ちょっと説明しづらい隠れ家的な里山なんです(笑)!

里山ってどんな所だろう?

わからないまま自然を求めて参加したみんなはちょっとびっくり!?

 

↑画像の桜の木🌸、見えますか(#^.^#)?あんなところまで登るんです!!

手前に見えるのはスタッフさん🤗

桜の木🌸の近くによく見たら、小さな子どもを連れた方達が👀

そう、里山はとっても広かった!!

そして、小さな子どもたちも里山の山頂付近にある桜の木🌸を目指して、よいしょよいしょとみんな楽しみながら登れたのにも、親御さんたちもビックリ👀!!

自然の持つ力でしょうか🤗人をひきつけ、疲れをいやす力があるのかもしれませんね☆彡

ワラビを発見する前に里山の虫たちに夢中の子どもたち★

テントウムシに、トノサマバッタ^^

カエルまで👀!

南河内こどもステーション常連のお友達(中学生)が、

小さなお友達のために捕まえてくれました☆彡

目標地点の桜の木🌸までに、ワラビをたくさん採集★

「今年のワラビはすごく大きくて伸びが良い👀なんでだろう、少し(開催が)遅かったからかな」

ベテランスタッフさんも驚くほど、育成状況が良かったワラビ🤗

例年のワラビはこんなに長くないそうで、ワラビ採りベテランの奥様達が、タタっと採集されて無くなってしまう年もあるという^_^;

とにかくいたるところに、

「さあ、採ってください(^^♪」

と言っているかのように、たくさん背の高いワラビが、にょっきりと顔を出すようにまっすぐ生えてました(笑)。

ヨモギ&タンポポも負けてはいません(笑)。

農業クラブに幼少時から参加している中学生のお兄ちゃんは、ワラビを採るのはもちろん、ヨモギも素早く見分けて採集していました👀

「葉っぱ🍃の裏が白っぽくて、引っこ抜いたときに少し香りがするのがヨモギ」

と、手早く見分けながらヨモギの特徴まで、農業初心者のママたちに伝授するお友達🤗

すぐに採集したヨモギがワサワサと、花束のようになったので、色味ほしさにタンポポも採集(^^♪

「今夜の夕飯はヨモギの天ぷらにしようかな😀」

なんてたくましいセリフ(#^.^#)中学生なのにすぐにでも自立生活できそうで、親御さんも安心です(笑)

南河内こどもステーションの色んな行事やクラブ、居場所に参加して、どんな年齢や性別の人にも上手に話しかけ&話しかけられるようになったお友達、本当に立派です☆彡

小さなお友達に寄り添ってくれたり…

なんと、、応急処置セットの準備も万全👀

参加者やスタッフさんにしても、大変頼りになる存在☆彡

桜の木🌸近くになると、日差しも本格的に!

桜の木🌸よりも少し手前でビニールシートを敷き、大きな荷物を置いて、いざ、本格的なワラビ採り&里山遊びへ☆彡

少し里山を走ると、下の方にいるお友達がとっても小さく見えるほど、広大な野原(#^.^#)

普段こんなに自由に、自然の中を駆け回ったことがないお友達もたくさんいて、最初はママの近くにいて少し緊張気味でしたが…。

小学生のお友達💕初参加の小さなお友達が一緒に遊ぶ図(#^.^#)

子どもたちの持つ力は本当にすごい、と、ステーションの行事や居場所に参加するたびに感じられる親御さんも多いです。  

自然と打ち解け、一緒に遊びだす子どもたち(^_-)-☆

里山が人との距離を近づけてくれるのか、ステーション常連のお友達が、異年齢とたくさん接してフレンドリーになっていくからなのか(^^♪

自分のおもちゃを差し出して、遊び方まで教えてくれました👀

初めての場所で、初めてのおもちゃに興味津々☆彡保育園のお友達も、すごく良い表情でした🌸

里山に慣れてきた大人もこどもも、ワラビを採りまくり(笑)

ワラビは、日差しの強い斜面によく茂っていたように思います。

袋がいっぱいになるほどワラビを採って、家へのお土産もばっちり(帰り際、さらに別のお土産がありましたが(^^♪)

 

3歳のお友達のおねだりに、

自分のおもちゃを差し出してくれた、四月から小学生のお友達🤗

「人がいる方向に撃っちゃダメだよ。ちゃんと弾(柔らかな鉄砲)は無くさず返してね」

と、お約束してくれて、きちんと説明してもらえて小さなお友達も嬉しそうでした☆彡

図工クラブで作った割りばし鉄砲を持参したお友達も☆彡

広い里山での遊びに、斜面をすべるソリのほかに、いろんなおもちゃを持参した子どもたち(#^.^#)

4月の第一回目の図工クラブで作成した「割りばし鉄砲」を早速持参してくれたお友達もいました🤗

たくさん活動し、11時くらいには空腹になってきたみんな。

 

スタッフさんが用意してくれたビニールシートを数枚敷いて、荷物を重しにし、これまたスタッフさんがおうちで作ってきてくれた野草(つくし、ワラビ等)料理をふるまってくれました🤗

  • 🍃つくしの卵とじ
  • 🍃ワラビとうすあげの煮つけ
  • 🍃ヨモギ団子
  • 🍃ネギたっぷりお好み焼き
 

などなど、野草づくし🤗しかもどれも、ご飯によく合う(^^♪

何よりすごくおいしい!!🍃🍚

大きなお友達も大好きな野草料理★手作りヨモギ団子も大人気!

目標地点の桜の木🌸から見た、みんなが食べているところ(^^♪

こんなに高いところまで、小さな子どもと親御さんも登れました!

予想外の暑さにつかれてしまった小さな子ども。その時…。

「おうち帰りたい~😢」

突然泣き出してしまった最年少のお友達。

草花が目👀にあたったのか、「痛い~」と目をこすって泣いていて、はたまた里山を走り回り疲れて眠くなってしまったのか(+o+)

里山のど真ん中で激しくグズられ、オロオロ😰困惑する親御さん💦

まだ里山での工作体験&お土産の受け取りを残したまま、早退することにされましたが、荷物が重い&子ども二人つれて里山を下らないといけない…(+o+)大ピンチ💦

「私もジュース買ってくるよう頼まれたので、下まで一緒に行きますよ(^^♪」

と同行してくれたスタッフさん🤗

小さな子二人連れては大変でしょう、と、子どもたちを安全に引率してくださいました💦

画像のように、最初はぐずっていたお友達も、スタッフさんの上手な引率でピクニック気分になったのか、すっかり笑顔🤗

目が痛かったり、疲れてたのは…何だったのかな?(笑)とりあえず自宅で様子見されるそうです^_^;大事に至らないことを祈ります☆彡


小さなお友達の里山デビューとなった今回の農業体験🤗

次回、5月の開催もお楽しみに★詳細が出次第、羽曳野市の広報、当ホームページやこどもステーションの広報(チラシ)で、案内いたしますね☆彡


~おまけ~

近々開催される『ミニこどもまつり』の

ご案内(^^♪

4月29日(祝)開催のミニこども祭りの参加申し込み用紙。

 出店希望の方はまだ間に合う!?

集え!こども店長★

南河内こどもステーションでは、こどもたちがお金の扱い方のお勉強をする機会もかねて、4歳からお祭りで店長になり、お店を出せます🤗

手作りゲームや雑貨販売、たこせんなどの飲食屋台☕

過去には、

  • 🌸手作り輪投げゲーム
  • 🌸手作り自動販売機
  • 🌸ミルクせんべい屋台
  • 🌸パチンコ(入ったボールの数によって、もらえるお菓子の個数が変わる)

など、様々な楽しい出店をしてくれました。

お祭りには参加自由★もし出店ご希望の方は、必要書類があるので、南河内こどもステーションに問い合わせの上、書類の受け取りに来られたら幸いです☆彡  


✉kodomo-station@sky.sannet.ne.jp

 

℡:072-957-1114(電話、ファックスとも)

お気軽にお問い合わせくださいね🤗

お読みいただき、ありがとうございました☆彡

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください